生活に困らないくらいのお金を貯めたい方必見!おすすめの投資会社 >>

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)って?初心者におすすめできない理由

こんにちは、まい(@gemfx_life)です。

GEMFOREXについて、口座の種類が多く選び方に迷っている人もいると思います。

なかには

私に合う口座ってどれかなぁ…

口座の種類が多くてどれがいいのかわかりません

と決められずにいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

GEMFOREXのどの口座を利用したらいいのか、7つの口座タイプから比較しつつ、決める必要があります。

初心者のなかには、どの口座が良いのか、逆にどの口座が悪いのか?判断するのが難しいもの。

選ぶ口座タイプが多ければ、多いほど悩んでしまいますよね…

そんなあなたに、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)とその他の口座を比較していきます。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)にはどんなメリットがあるのか、どんなデメリットがあるのでしょうか?

結論からいうと、初心者にはロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はおすすめしません。

その理由についても、詳しくお話していきたいと思います。

この記事を最後まで読むことで、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)についての理解が深まります。

※2022年4月20日より、ノースプレッド口座が受付終了となっておりましたが、今回2022年8月1日より、旧ノースプレッド口座が復活することになりました!名称新たに、ロースプレッド口座となります。

自分にあった口座を開設できますので、ぜひ最後まで読んでください。

\ 期間限定口座開設すると10,000円が必ずもらえる/

目次

GEMFOREXの口座について比較しよう

GEMFOREXには、以下の7種類の口座があります。ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)

オールインワン口座
ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)
ミラートレード専用口座
デモ口座
レバレッジ5,000倍口座
ガチゼロ口座
お財布口座

それぞれの口座に特徴があり、使い勝手の良さなども違います。

今回ご紹介しているロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は、スプレッドが0.3pips~で取引手数料無料であるのはもちろん、最大レバレッジ1,000倍で取引できるなどの特徴があります。

業界トップクラスで、スプリットの狭さなども特徴になります。

これだけ見ると、すごく優れている口座のように感じるかもしれません。

どんなトレードをするのかによっても口座の選び方は違います。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)がGEMFOREX他の口座と、どこがどのように違うのでしょうか。

オールインワン口座ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)ミラートレード専用口座デモ口座レバレッジ5,000倍口座ガチゼロ口座お財布口座
基本通貨USD/JPYUSD/JPYJPYUSD/JPYJPYUSD/JPY
ロット数0.01Lot~0.01Lot~0.01Lot~0.01Lot~0.01Lot~0.01Lot~
初期預託金5,000円($50)~30万円($3,000)~50,000円~10,000USD(1,000,000円)の仮想残高を提供入金上限10万円まで5,000円($50)~
最大レバレッジ1,000倍(XPTUSDのみ200倍)1,000倍
(XPTUSDfxのみ200倍)
1,000倍
(XPTUSDのみ200倍)
1,000倍
(XPTUSDのみ200倍)
5,000倍
(XPTUSDのみ200倍)
1,000倍
主要通貨のスプレッド1.1pip〜0.0pip~1.1pip〜1.1pip〜1.1pip~対象の全通貨
0pips固定
手数料無料無料無料無料無料無料
※将来的に手数料を徴収する可能性もございます。
予約注文指値
逆指値
指値
逆指値
指値
逆指値
指値
逆指値
指値
逆指値
指値
逆指値
チケット単位のロット制限50Lot50Lot30LotMT4:100Lot
MT5:50Lot
50Lot50Lot
口座単位の保有ポジション数無制限(新規指値注文含む)無制限(新規指値注文含む)無制限(新規指値注文含む)無制限(新規指値注文含む)無制限(新規指値注文含む)無制限(新規指値注文含む)
ヘッジ可否可能可能可能可能可能
利用制限裁量からEA
など制限なく1つの口座でご利用頂けます。
MT5口座ではゲムトレードのEA以外(MT5用EA)は利用可能となります。
ミラートレードサービスは利用不可となります。
ミラートレード専用口座をご利用下さい。
裁量トレード専用口座となりますので、EAミラートレード利用不可インディケータ可となります。
ボーナス対象外。
ミラートレード専用口座のため裁量トレードはできません。手動決済は行えます。
また、複数口座は開設できません。
口座の有効期限は、ご開設日から180日間となります。EAミラートレード利用不可となります。
ボーナス対象外。
※累計利益と合わせ含み益が100万円を超えた段階で強制決済となります。(複数ポジションを保有している場合は合計評価益)
当口座は招待制となりGEMFOREXから口座開設に伴うご案内が届いた方限定でご利用可能となる特別口座となります。
invitationメールが届くのをお待ち下さい。
MT5口座のみとなります。
裁量トレード専用口座となりますので、EAミラートレード利用不可、インディケータ可となります。
ボーナス対象外
お財布口座は、急遽入金が必要になった際などスムーズに対応できるよう設置されました。
入金(資金移動)、出金専用のデポジット口座になります。
当口座は各種新規口座開設後、初回ログイン時に自動付与されます。
※お財布口座からの出金時には手数料が発生します。
※ 2022年9月21日時点の数字です。GEMFOREX公式サイトより引用

GEMFOREXは最大5つまで口座を追加することができます。

口座を比較してみるとわかりやすいのですが、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に関しては「最低入金額」のハードルが高いのがわかります。

初心者のなかにはレバレッジを使ってできるだけ少額からトレードを始めたいと考えている人もいると思います。

でも、最低入金額が30万円となるなど、高額な設定です。

そもそもあなたがどのぐらいの資金を使えるのかによっても、おすすめの口座タイプは変わってきます。

なかには、スプレッドを最優先したい人もいると思います。

海外FXに挑戦するからには、利益を出したいと考えるものですよね。

そんなあなたにはロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)が最も適しているといえます。

低コストで取引できる点が魅力的ではありますが、ずっと同じ状態とも限りません。

そもそも口座には利用制限もあります。

口座を開設するまえに、よく考えたうえで判断し取引するようにしてください!初心者のなかには、慣れるまではオールイワン口座で取引をする人もいます。

最低入金額が低いこともあり、初心者でも挑戦しやすい部分だと思います。

その後、トレードに慣れてきたあとに、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に移動することだって可能です。

ただ、オールインワン口座では入金や口座開設時に、豪華なボーナスがもらえます。

でも、そこからロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に移動してしまうと、ボーナスは消滅することになります。

なかには2万円などタイミング次第では高額なボーナスを手にしている人もいると思います。

この点は注意しておかないと、せっかくのボーナスを無駄にしてしまいます。

慣れてきたらロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に移行してトレードするというやり方もできます。

いきなり、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を作る必要はないと思います。

まずはオールインワン口座でボーナスを使いトレードに慣れていきます。

気持ちにも余裕が出てきたら、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に移動する方法でも問題はないのです。

GEMFOREXのオールインワン口座について詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリット・デメリット

GEMFOREXで口座を作ってトレードを始めたいと思ったものの、そもそもロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)ってどうなのだろう?

と思っているあなたに実際にGEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリット・デメリットについてそれぞれみていきます。

どの口座にもメリットやデメリットはありますので、総合的に見たときに使いやすいものを選ぶようにしてください。

口座のメリット①:入出金取引手数料が無料

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は、まず入出金取引手数料が無料というメリットがあります。

つい油断しがちな手数料ですが、FXで利益を出したいと考えたら手数料までしっかりと考えておく必要があります。

手数料がかかると少額の利益でも、手数料のせいであまり利益を出せなくなってしまいます。

実際に手数料がどのぐらいかかるのかは、トレードの前に確認しておきたいところです。

GEMFOREXでは入出金取引手数料が無料になっています。

GEMFOREXの手数料として実際にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

以下の4つがあげられますので、しっかり確認しておいてください。

FX口座維持手数料
FX入金手数料
FX出金手数料
FX取引手数料

海外FX業者などは、取引手数料が別途かかるところも少なくありません。

GEMFOREXは、入出金取引手数料が無料など、とても太っ腹な対応だと思います。

そもそも手数料はFX業者における利益のようなものです。

なかには10ドルの手数料を設けているところもあります。

相場によって手数料も若干変わってきますので注意してください。

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は、できるだけコストを下げてお得にトレードしたいと考えている人にも向いています。

取引コストをさげたいと考えたときに、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は最適ともいえます。

最初はオールインワン口座にしておき、ある程度トレードに慣れてきてからロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を追加する方法もあります。

なにせ、5つの口座を所有できますし、管理できる範囲で追加しても問題ないのです。

入出金取引手数料無料を使わない手はありません。

口座のメリット②:最大レバレッジ1000倍

GEMFOREXのメリットともいえるのが、最大レバレッジが1000倍という点です。

オールインワン口座
ミラートレード専用口座
デモ口座

全て同じ条件となっています。

なかには

実際1000倍ってGEMFOREXだけなの?他社はどうなの?

と思われた方もいるのではないでしょうか。

1000倍がどのぐらいすごいのかも納得してもらえると思います。

そこで、GEMFOREXの1000倍を他社と比較してみます。

国内FXGEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)XMゼロ口座AXIORY
最大レバレッジ25倍1,000倍500倍400倍
追証の有無ありなしなしなし
取引ボーナスなしなしなしなし
ロスカット水準100%が多い20%20%以下20%

ここで見てもらうとわかるのですが、国内のFX業者は最大でもかけられるレバレッジが25倍までと決められています。

以前はこうしたレバレッジのルールはなかったのですが、安全にトレードをするために、設けられたルールです。

海外FX業者については、国内FXのように金融庁の規制を受けることはありません。

そのため、上限などの決まりはなく、数百倍や数千倍などのレバレッジをかけていることもあります。

レバレッジが大きくかけられるということは、少額でもある程度まとめた金額でのトレードができるということです。

1万円のお金でトレードを始めた場合も、1,000万円までのトレードができるなど、夢がありますね。

海外FXに挑戦する人のなかには、そこまで資金的な余裕がない人もいるかもしれません。

それでも利益が出せるのが、GEMFOREXでもあるのです。

こうした点を考えてもGEMFOREXのレバレッジ1000倍は魅力的です。

1000倍かけてもゼロカットシステムもあるので、口座以上のお金がとられることもありません。

GEMFOREXのゼロカットシステムについて詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめていますので、参考にしてみてください。

これも、国内FXのロスカットと違う点だと思います。

ロスカットの場合は、マイナス分の負担も出てしまうので、ゼロカットとはこうしたリスクの面を考えても違いがあるのです。

口座のデメリット①:最低入金額が高い

先程も軽く紹介しましたが、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)はとにかく最低入金額が高いデメリットがあります。

最低の金額でも初回で30万円以上になるので、初心者にはハードルが高く感じてしまいます。

恐らく、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の一番のデメリットは初回入金額の高さですね。

もちろん、海外FXにすでに挑戦したことのある人ならロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)でもいいと思います。

でも初心者の場合は、オールイワン口座からはじめて利益を出していく方がやりやすく、安心してトレードができると思います。

口座のデメリット②:ボーナスが受け取れない

GEMFOREXといえば、ボーナスを思い浮かべる人もいるほど、お得な特典がついていることでも知られています。

ただ、残念ながらノースプレット口座では、ボーナスやキャンペーンなどお得なサービスをすべて受け取ることができないのです。

あくまでもGEMFOREXのなかでもオールインワン口座のみになっています。

口座を新規で開設したときなど、ボーナスが受け取れますが、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)にはその特典がないのです。

こうした点を考えても、ボーナス等のお得なサービスを手に入れたい人の場合は、最初からロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を作るのはおすすめしません。

オールインワン口座で口座を開設してから、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に移行したほうが、GEMFOREXの特典を最大限受け取れます。

GEMFOREXのボーナスについて詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

口座のデメリット③:自動売買ソフトが使えない

GEMFOREXといえばEAなどの自動売買ツールが使えることでも知られています。

ミラートレードよりも高度な技術になり自由度も高く使い勝手のいいツールです。

運営元が開発していることもあり、自動売買をしたいと思っている人には嬉しいところです。

残念ながらロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)では裁量トレード専用口座となります。

自動売買のEAやミラートレードはご利用頂けません。

EAを使って運用しようと考えている人もいると思います。

その場合はロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)ではなく、オールインワン口座を選ぶようにしましょう。

使い放題になるので高度な自動売買ツールがお得に使えます。

他社FX業者の場合、高度な自動売買ツールになると、有料で購入する必要が出てきてしまう場合もあります。

GEMFOREXでは、150種類以上になるEAを使った運用ができるのでありがたいですよね!

口座のデメリット④:対応銘柄が少ない

GEMFOREXのオールインワン口座と比較すると、対応している銘柄の少なさなどもデメリットになると思います。

例えば、ゴールドやシルバー以外のCFD取引には対応していません。

安定資産なのもありこうしたCFD取引に挑戦したい人もいると思います。

この場合は、オールインワン口座を選ぶと対応しています。

自分がトレードしたいと思える内容に、対応しているかどうかも確認しておきましょう。

CFDについて詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は他社よりここがすごい

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は、スプレッドの狭い口座です。

もちろん、他の海外FXにもスプレッドが狭いものはあります。

でも、スタンダードな口座と比べるとレバレッジの制限がかかっているところが多く、自由にトレードができるかというと、難しい部分もあります。

その点、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は1,000倍のレバレッジがかけられるなど、s他社と比較してもかなりお得さが目立つ仕様になっています。

どちらも妥協したくないと考えている人にもおすすめの口座と言えます。

\ 期間限定口座開設すると10,000円が必ずもらえる/

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を使うときの注意点

なかにはロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)でのトレードを考えている人もいると思います。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)ならではの注意点もあるので、簡単に説明しておきちゃいと思います。

例えば、ノースプレッド口座にて0.0pipsを狙ったトレードは禁止されています。

海外FX業者にとっても利益源となるスプレッドを0円にされてしまうと、運営的な問題も出てきてしまいます。

違法な手段で資金を没収するようなこともありません。

GEMFOREXが運営するためにも、こうした質の部分にはくれぐれも注意しましょう。

また、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)でスキャルピングを考えている人もいると思います。

狭いスプレッドを使う方法なので、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)との相性もいいのです。

ただ、GEMFOREXでもルールのようなものを設けています。

5分を目安に連続したトレードをするときは、事前に連絡を行う必要があります。

もし連絡をしなかった場合は、取引停止の原因になってしまいキャンセル扱いに

こうしたノースプレッドならではのルールについても把握しておきましょう。

スキャルピングなど勝手にやって、せっかくのいいポジションが無駄にならないように、気をつけてトレードしていきましょう。

※スキャルピングが禁止されているわけではありません。

スキャルピングについて詳しく知りたい方は、以下の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

GEMFOREXロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のまとめ

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)には、どんなメリットとデメリットをみてきましたがいかがでしたか?

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)のメリットとデメリットを分かりやすいように、下記の表にまとめておきましたのでぜひ参考にしてみてください。

メリットデメリット
入出金取引手数料が無料最低入金額が高い
最大レバレッジ1000倍ボーナスがもらえない
EA(自動売買ソフト)やミラートレードが使えない

それぞれの特徴を知ると、よりメリットやデメリットの部分も見えてくると思います。

しっかりと把握したうえでトレードするようにしていきましょう。

ちなみに口座残高200万円になると、最大レバレッジは500倍までに制限されます。

残高によってもかけられる金額が違う点も覚えておきましょう。

初心者にロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)をおすすめしない

そもそもどうして初心者にはロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)をおすすめしたくないのか、その理由についても見えてきたと思います。

初回入金額が30万円以上になると、どうしても一山超えなくてはいけないなどハードルも高くなります。

もちろん資産的な余裕は人によっても違いますが、初心者のなかには「30万円なんてとてもじゃないけど払えない」と一歩引いてしまっている人もいると思います。

いきなり損をするかもと考えたらなかなか挑戦できません。

そのため、初心者でいきなりロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を開設するのは現実的ではありません。

大抵の人は最初のハードルを低くして、取引したいと考えている人が多いと思います。

無理に背伸びをするのではなく、まずはオールインワン口座を使うこと。

その後にある程度トレードに慣れてきて、勝率が高くなってから口座を移行することだってできます。

いきなりロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)に挑戦するよりも、安心して続けられる方法を選びましょう。

なかには、狭いスプレッドで利益を重視したい人もいると思います。

そんなあなたは初めからロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を選んでも問題ありません。

ただ、それで損失が出てしまっても一切責任は取れませんので自己責任でお願いします。

なるべくリスクをおさえながら、最小限で取引をはじめたいと考えている人は、オールインワン口座を選んでも問題ないと思います。

FXのトレードは気持ちの余裕なども影響してきます。

あまりにギリギリになって、生活に影響が出てしまうようなトレードは控えましょう。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)がおすすめな人

FXである程度経験がある中級者~上級者
最大レバレッジ1.000倍を実際に挑戦してみたい
FXに使える資金に余裕があり、問題ない人
利益重視で、狭いスプリットで取引したい方
自動売買ソフトに頼らずにトレードをしない人
ボーナスやキャンペーンが必要ない人

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)おすすめじゃない

海外FX初心者でリスクを負いたくない人
豪華なボーナスを受け取り、手持ち金を少なくしたい人
自動売買ソフトを使いたいなど、EAに魅力を感じている人
低資金から始めたい、30万円が用意できない人

もともとの資金的な面でもどちらがいいのか変わってくると思います。

FXのトレードはあくまでも過剰金が原則です。

ギリギリのお金でトレードをしてしまうと、損切りなどができなくなり、余計に大損をしてしまうことも考えられます。

30万円は高額なお金でもありますし、資金的な余裕があるのかどうかで決めてもいいと思います。

初回入金額にハードルを感じてしまう方は、オールインワン口座一択です。

オールインワン口座は、受け取れるボーナスもとても豪華なものです。

しかもボーナスを使ってトレードを始めることもできます。

そのため、ほぼリスクゼロの状態からトレードができるのです。

リスクゼロで始めたい方も、オールイワン口座で開設することをおすすめします。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を使いたい方へ開設方法

最後に、GEMFOREX(ゲムフォッレクス)のロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)開設方法を紹介します。

STEP
まず、GEMFOREXの公式サイに行きます。
STEP
その後、右上か右下にある赤いボタン「リアル口座開設」をクリックしてください。
リアル口座開設
STEP
クリックすると「口座開設フォーム」が出てきます
口座開設フォーム
STEP
必要事項を入力していきます。

必須項目は以下の4つになります。

  • 口座タイプ選択(口座タイプは「ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)(日本円orUSD)」)
  • 登録種別選択(登録種別で「個人口座」「個人事業主口座」「法人口座」を選択します。)
  • お名前(英文字)入力
  • メールアドレス入力(フリーメールアドレス推奨)
STEP
全ての項目に間違いがないか確認します。ここでメールアドレスなどを間違えると、登録完了のメールが手元に届かなくなります。
STEP
間違いがなければ「私はロボットではありません」というところにチェックを入れます。
私はロボットではありません
STEP
「口座開設」の赤色のボタンをクリックします。

口座開設が完了しましたら、登録したメールアドレスに通知のメールが届くはずです。

そのメールを確認し、「マイページログイン」をクリックします。

ここまでの手順が完了すれば口座開設は完了となります。

身分証・住所確認書類などの提出を先に進めておきましょう。

もし登録したメールアドレスにメールが届かないときは、迷惑メールを確認してください。

設定で迷惑メールに分類されてしまうこともあります。

もしくは登録したメールアドレスのスペルは間違えていないかも確認します。

それでも、メールアドレスに「メール」が届かなかった場合、他のメールアドレスで再登録を試して調整してみてください。

一部のドメイン、携帯電話のドメインはデフォルト設定で届かないことも考えられます。

他のメールアドレスを登録してもうまくいかない場合は、GEMFOREXに直接問い合わせを行い、今後の指示を仰ぐようにしてください。

以上、GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の口座開設方法です。

手順としては難しいものではありません。

あくまでも順序だって進めていけば、問題なく登録できると思います。

日本語にも対応していますので、英語がわからない人でも安心です。

まとめ

GEMFOREXのロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)が初心者におすすめできない、その理由について紹介していきました。

あなたが希望するトレード方法に近いな?と思えましたか?

トレード方法によっても、どの口座を使うのかは大きく変わります。

恐らく、海外FXをこれから始めようと思っている人のなかには、初回入金額の高さに驚いてしまい、迷っている人もいるかもしれません。

ゼロカットシステムがあるとしても、30万円が入金されているとなれば、それが消えてしまうことも考えられるのです。

初心者にとってはやっぱりハードルの高さを感じずにはいられません。

ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)は、FXのトレード経験のある中級者や上級者向けです。

資金的な余裕がある人にもいいかもしれません。

その場合は、狭いスプレッドをどういかしてトレードするのかなど、ロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)の特徴を存分に活かしながらトレードをしていきましょう。

もちろん、すでにオールインワン口座を持っている人も、あとからロースプレッド口座(旧ノースプレッド口座)を作ることができます。

その場合は、最低入金額30万円が必要になり、資金の口座移動などもできます。

ボーナスを受け取りながら、リスクを押さえてトレードしたい人は、オールインワン口座を選ぶなど、自分にあった方法でトレードを楽しみましょう。

GEMFOREXならではの特徴をしっかりと押さえておけば、トレードで失敗することもなくなると思います。

ちなみに複数口座での「両建て」は禁止されていますので、その点は注意しておきましょう。

両建てってなに?と思われた方は、下記に詳しく書いていますのでご覧ください。

GEMFOREXのルールについても把握しておくことでトレードもしやすくなりますし、トラブルを未然に防ぐことにもなりますよ。

\ 期間限定口座開設すると10,000円が必ずもらえる /

自己資金を使わずボーナスだけで利益を伸ばしていこう


当サイト経由で登録してくださった方限定。現役トレーダーだけが知る、利益を伸ばせるようになる取引手法を【10名様限定】でお渡ししています。受け取り方は、公式LINEからお友達追加後、「勝ちたい」と入力し、メッセージを送ってくださった方に直接取引手法をお渡しします。→お友達登録はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

GEMFOREX(ゲムフォレックス)歴1年。FX経験は浅いですが、これから投資に挑戦する初心者の方でもわかりやすいようにブログを発信中。

コメント

コメントする

目次